FC2ブログ
ツーショットで秘密のお話
ツーショットでエッチな女の子が見つかるサイトの紹介♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メイド奴隷の体験2
私はいきなりそう言われて、とりあえず否定しました。

「い、いえ・・・。」

老執事は、急に顔を曇らせました。

「そうなんですか?それなら帰っても結構ですよ。でも適性結果を見る限り、強いマゾヒスト性が出ているのですが?」

私はそう言われると、やはり高鳴る胸の鼓動を抑えきれず、唇を震わせてこう答えました。不意にそんなことを言われるのが初めてだったので、

「・・・・・はい、そうです・・・・でも、でもどうして、わかったんですか・・・・?」

「さぁ、今から服を脱いでください。」

「で、でも・・・・」

もじもじしていると、老執事はいきなりはっきりとした声で

「服を脱ぎなさいっ!!!」

と大きな声で言うので私はびくっとして、あまりのギャップに体が震え上がって泣きそうになりました。私は震えながら服を脱いでいくと、脱いでいる間に奥からいろいろな人が出てきました。さっきの入り口にいた若い男の人、あと、がっちりした男の人2人、ミニのメイド服に身を包んだ年下の子が3人、ロングのメイド服の年上のお姉さんが4人、後はメイドで一番えらいっぽい、メガネのメイド長がいました。目をうかがいながら脱いでいくと、あっという間に下着だけになりました。

「下着も脱ぎなさいよ。マゾの新入りさん?」

私はそういわれるとまたどうしようもない気分になって、ドキドキしてきました。メガネの年上のメイドさんがそういうので私は下着も脱ぎました。恥ずかしいところだけは手の甲で隠しておきましたが、下着はミニの年下のメイドさんの子に取られて、恥ずかしい部分を見られて、うわぁ~、すごいびしょびしょ・・・・。とか言われたのでまた恥ずかしくて泣きそうでした。

彼女達は料理担当で、もう4年以上働いているの。あの子達はお掃除担当ね。。といったように、担当が別れていました。私は、説明を受けながら、それを裸で見ていました。その後、二人のガッチリした男の人に、両足を持ち上げられて、恥ずかしいところをみんなに見せられました。

「み、みないでください・・・・。」

でもその言葉とは裏腹に、股間は少し湿ってきてしまいました。顔から火が出そうなほど恥ずかしかったんですけど、なぜかドキドキがとまりませんでした。じーっと見られて、私はまた、顔が赤くなって、見ないで、見ないでと震えながら言っていました。

「あなたは採用よ。これから頑張りましょうね。」

そう言われて、私は裸のまま、椅子に座りました。老執事がこれからの仕事について説明してくれました。

「適性試験の結果、あなたは、これから、身分が一番下の『奴隷メイド』として頑張ってもらいます。仕事はみなさんに聞くように。中には年下の子もおりますが、仕事ではあなたよりも先輩なので言うことはなんでもお聞きください。あなたは、ご主人様の奴隷であると同時に、皆さんの奴隷でもあるのですからね。」

小さい子達が、「うわー、ペットちゃんなんて久しぶり~」なんて言うんです。私は、少し怖くなりました。その後、メイド長が運んできた衣装セットは小さい子達が着ているものでも、年上のメイドさんの着ているものでもありませんでした。

襟だけのチョーカー、黒の首輪、限りなく露出度の高い短いベアトップ、お尻が丸見えのとても短い、ひらひらのついたスカート、そして犬耳のついたカチューシャです。早く着替えるように、と言われて、私は震えながら犬耳をつけて、スカートをはきました。スカートをはくと、紐のようなものがひらひらと落ちてきました。

それは下着ね。

紐だと思っていたら、紐のように細くて小さい下着だったのです。いそいそと両脇の紐を結び始めました。不意に後ろから

びしぃぃっ!!

と背中に激痛が走りました。ひぃぃっ!!痛い、と叫んだら。

早く着なさいよ!しつけ悪いわねえ!!

メイド長に鞭で何度か叩かれました。私の奴隷メイドとしての日々は、こうして始まったのです。

応援してくださぃ♪
FC2 Blog Ranking
メイド奴隷の体験
へえ・・・・こんな仕事あるんだぁ・・・。

私は仕事を探すことにしました。パラパラと雑誌をめくっていると、こんな記事を見つけました。。

老資産家のメイドさん募集
初心者でも問題ありません。家事、お掃除好きな人なら尚可。25歳未満、痩せ型、小柄歓迎。募集1名のみ。詳細は面談にて。寮有、食事有。顔写真同封の上、書類審査がありますので、こちらに写真と、簡単なプロフィール同封ください。

両横が風俗関係の広告だったのを気にしていたのですが、載せるところを間違えたのかな、と思って大して気にはしていませんでした。それに、写真同封なんて、やっぱり外見も大事なのかな、と。プロフィール、といっても、よくわからなかったので、「一生懸命尽くします。なんでもするのでお願いします。」といったことを書きました。

そうしたら三日くらいで返事が返ってきました。至急面接を受けてください。三日間やっていますので、お好きな日に来てください。といったないようでした。とりあえず、家からとても遠い駅だったので、朝の4時に早起きして、就職活動の時に買った面接用のスーツに着替えて、急いで出発したんです。

電車から見える朝焼けの街や海が見えました。こんなに長く電車に乗ったのも久しぶりでした。

駅からもとても遠いみたいで、タクシーに乗りました。

あぁ、あそこの家ね。あなたあそこで働くの?面接の人?

あ、はい、そうですっ。

しそうすると、タクシーの運転手さんは意味深な笑みを浮かべて、その後は何もいいませんでした。そのうち郊外の大きな洋館に着きました。門から1kmはあったでしょうか。ようやく門の車留めに泊まり、私が降りると、若い執事さんが迎えてくれました。執事さんは黙って私のカバンを持つと、

こちらへ。少しお待ちになってください。

とだけ言って、建物の奥へと連れて行ってくれました。そして大広間に通されました。壁にはトナカイの首、みたいのとか、暖炉とか、ツボとか、鎧とか、博物館で見たものがたくさん並んでいました。出来たのはもしかしたら50年くらい前なんじゃないかというくらい古い建物なんです。私はあっけにとられていました。そのうちに、私より少しだけ年上の背の高いお姉さんが、紅茶を出してくれました。私は出された紅茶を飲んで、すぐに奥に戻っていったお姉さんのメイド服の後ろ姿を見ました。ロングスカートに、エプロンと言う清楚な感じです。私もあんなふうになるのかぁ。楽しみ、などと思いながら、10分くらい経った後でしょうか。奥に呼ばれました。

それでは、こちらへどうぞ。

そこには、初老の執事というような感じの人がいました。まさに執事といった感じです。私はみるみる緊張してしまい、ぷるぷると震えていました。私、結構上がり症なので、こういう場所はいつも緊張してしまいます。老執事は、マボガニーの机の上に両手の指を組みながら、私の名前や、年齢、どこに住んでいるか、恋人はいるのか、とかそういう質問をしてきました。最後の質問だけ、ちょっと意外だったんですけど。。

それでは、この質問に答えてくださいね。

初老の執事は、にこっと笑って、私に、引き出しから出した、クリーム色の一枚の紙をくれました。そこには質問が50ほど列挙されていました。

でも不思議なことに、いじめられていたほうですか?とか、恋人に尽くす方?とか、見るよりも見られる方が好きですか?とか、そういう質問ばかりでした。私はほとんど、はいだったのですけど。なんというか、試験と言うより、アンケートのような感じでした。

紙を出すと、奥の方で話し声が聞こえていました。決まりかな、とか、めずらしい、とかそういった話し声でした。

私が次に老執事から言われた言葉は、意外な言葉でした。

あかねさん?あなたは、かなりのマゾヒストでしょう?

私は耳を疑いました。そう言われて少し体がゾクッ、としてきたことも確かだったのですが。

応援してくださぃ♪
FC2 Blog Ranking
エッチな体験6
そのあと、私はびしょびしょの床に横たわりました。もう足はガクガクで、立ち上がれないほどになっていて、小刻みにうごきながら、虚ろな目をしていました。今までに感じたことがないほどの快感が体を支配していました。呼吸をおちつけて、ようやく我に返ると、

「ほら、掃除するんだよ。」

冷たい一言が背後から突き刺さりました。私の着ていた服を床に投げられて、さらに、食パンが頭からぱらぱらと、落ちてきました。

「お腹すいただろ?食べろよ」

こんなにひどいイジメは味わったことがありません。あまりにも屈辱的に思い、

「こんなの、こんなのひどすぎます」
と言いましたが、

「辱められるの好きって言ってたじゃないか?」

そう言われると、また口をつぐんでしまいました。

「自分から虐めてほしいって言わなかったか?嫌なら今すぐ帰ればいいよ」

そう言われると、反射的に首を振ってしまいました。

「虐められたいのか?虐められたくないのか?どっちなんだよ?」

そう問い詰められると、頭では虐められたくないのに、体の奥から、

もっと、もっといじめられたい、、、、

という声が聞こえてくるんです。私は堪らず。

「いじめてください、、、、ぼろぼろになるまで。。。。」

自分でもどうしてそこまで言えたかわかりません。だけど、そのときはもう夢中で、体がそういったことを求めていました。

「お前みたいな奴、なんていうか知ってるか?」

「・・・・・」

「マゾヒストの変態だよな」

「はい・・・・あかねはマゾの変態です。」

そういうと、頭を軽く踏まれて、ぬるぬるの床に頭をつけられました。そして、食パンを食べましたが、何かを吸い取っていて、とってもまずかったです。

「舐めて、きれいにするんだよ?」

私は舐めてきれいにしようとしましたが、自分のおしっこと体液とローションが混ざった匂いは気持ち悪く、はきそうになりました。なので

「ごめんなさい、、、、ごめんなさい、、、、それだけは・・・・・」

「じゃぁ、服や体で拭いてみろよ、、」

そういうので私の体はもっとべちょべちょになりました。ココまでどうやって来たか知らないけど、自分の着ていた服が薄い黄色に染まっていき、その服で、周りから奇異な目で見られながら帰る自分の姿を想像するのは、あまりに惨め過ぎて涙が出てきました。

「おい?」

背中の縄を引っ張られました。そして、振り返ると、大きくなったものを突き出されました。縄を引っ張られると体が圧迫され、またゾクゾクッと、体が震えてきました。

「口でするんだ」

私はなすすべもなく、丁寧にアレを口に含みました。そのうち、髪をつかまれ、引っ張られ、さらに頭をつかまれました。

(痛い・・・)

痛かったですが、むせ返りそうになるほど、何度も何度も奉仕を強要されました。でもなかなかいかなくて、喉に何度も何度もアレが当たって、むせそうになりました。

「下手だな・・・・」

そんなことを冷たくいわれ、またバイブを二本とも最強にされました。私はまた虚ろな目のまま、ずっとずっと放置しているのでした。

ふと周囲を見ると、今まで地下室だった場所が、なぜか街の真ん中になって、私の知っている人、知らない人、みんなが私のことを見ていたのでした。

「あああ!!!見ないで見ないで!!!!」

私は必死で顔を隠そうとしましたが、その度、喉の奥にアレを入れられました。むせてもむせても頭をつかまれるのです。

「ほら、きちんとするんだよ」

私は周りに視線をめぐらせます。笑ったりしている人、蔑んでいる人、心配している人、ガッカリしている人、いろんな人がいます。それでも、私は奉仕を続けていました。気づけば、頭をもたれていた手を外された後も、自分から求めるように、なんどもなんども口を上下したり、舌で転がしていたのです。

私はやっぱりマゾの変態で。。。。もういやらしいこと以外考えられないんだわ。。。。でも、もっと。。。。もっといじめて、いたぶってほしい。。。。。

そう思いながら侮蔑と嘲笑の中で、私はまたアソコをぬらして、我を忘れてどうしようもないくらいになってしまっていたのでした。。。。。。そして、また動物のような叫び声を自分から上げていました。

もっと虐めて・・・・・もっといたぶって・・・・。

次に気づいたのは、ずっと後でした。

ふと、朝の鳥の声が聞こえます。目覚めると、そこには誰もいなくて、バイブもささっていなかったのです。

私は何のことかわからず、ベッドの中から、部屋を見回しました。汚れてしまったはずの服は、机の横に置いてあるし、おもちゃや縄は部屋に出てはいませんでした。

どうやら、夢だったようです。日記を書いた直後、寝てしまったようです。夢か・・・・・・。よかった、アレが夢ではなかったら、大変なことに・・・・。それに、あんなことされて喜ぶなんて嘘よ。。確かに書いてはいるけれど・・・・。そんなことを思いながら、大きな溜息をついて、ベッドから出ようとしたのですが、私は、急に気持ちの悪い感触を覚えました。ベッドの中がまるで、雨でも降ったかのようにびしょびしょなのです。

それを知ることで、私は気づかされました。
夢は、全て私の、隠された願望だったのです。

応援してくださぃ♪
FC2 Blog Ranking
エッチな体験5
「あれ、なんだこれは?」

「あっあっぁぁぁっ!!!」

私はずっと記憶が飛んでいたようで、その声で気がついたようです。

本当にいろいろな刺激に耐えられなくて、我を忘れて、説明できないくらいの快感を味わっていたのか、それとも別のものなのか、ただ、我に返ると、声は枯れて、目は虚ろになっていました。動物のような声をだしていたのではないか、と思います。バイブを止められ、ようやく我に返ると、肩で息をしながら、あんなに気持ちよかったことっていままでにあったのかな・・・・とか、そういったことを考えていました。

「こんなに床びしょびしょにして。。。。どうしてくれるんだよ?」

アイマスクを外されて、ゆっくりと顔を下げると、そこには大きな水溜りが広がっていました。どこから出ていたかはすぐわかりました。本当は見られたくなかったのですが、床の匂いをかいでいたり、液体をとって匂いをかがれたりするので、その場に居合わせたくないほど恥ずかしかったです。

「ごめんなさい・・・・」

そう言うのですが、にらまれました。私はそれを見て、もうどうしていいのかわからず涙目になりました。恐怖に震えていたのですが、なぜか、体は興奮したままでした。

「だって、、、だってすごく気持ちよかったんだもん・・・・・」

そう言うと、ぼそっと、淫乱な女だな。といわれて、私は、ひどい、と思いながら、しゃくりあげて泣いていました。だけど、まだ、終わったわけじゃないぞ、といわれると、また両手を上につるされ、足を開かされて、そのままでも苦しい格好にされると、またバイブを二つとも最強にされました。

「このままドア開けて放っておくか?ん?」

「それだけは、それだけはやめてください。・・・あぁ・・・・・」

今度は、洗濯バサミを乳首にされて、またお尻を叩かれました。責めはずっと続いていってしまうのでしょうか?でも、その後撫で撫でされるのです。ひりひりしていたのですが、まだ優しいところがあるのかな、と思っていたのですが、そのうちその手がだんだんぬるぬるしてきて、結局ローションまみれにされてしまいました。最後には頭からかけられて、水あめみたいな硬いローションでべたべたでした。不意に天井からつるされたロープを放されて、私は私のいやらしい、おしっこと潮のひろがる、床に横たわりました。鏡に写る私の体はテカテカと光ってて、すごくいやらしかったです。それ以上に屈辱的でした。

体中をまさぐられたあと、また、アソコに指を入れられると、また潮を吹いてしまいました。体中の水分がなくなってしまったのではないかというほど、何度も何度もいってしまいました。私は、もう、何かの糸が切れたようになって、また動物の泣き声のような喘ぎ声を上げながら気づくと、バイブを持っている手に向かって体を上下させて、すごくいやらしく、惨めな姿が鏡に映っていて、

「もう、、、、こんなんじゃ、こういうことでしか感じられなくなっちゃう・・・・気持ちいい・・・・気持ちいい・・・・あぁぁん!!!!」

応援してくださぃ♪
FC2 Blog Ranking
エッチな体験4
私はそれから、何度絶頂を味わったかわかりません。ただ、猿轡をはずされ、バイブをとめられた後、唾液がどっと口を伝って出ていました。そして、お尻はジンジンと痛むのです。

こんなのやだ・・・・ひどいよ・・・・こんなこと・・・・。

でも、気持ちいいんだろう?ほら、こんなにいやらしい液が・・・。

私はそういわれてはっとしました。目の見えないまま、腿をすり合わせて確認すると、アソコから愛液があふれ、膝いっぱいにぬれているんです。

こんなことをされて、体を震わせて、興奮している淫乱な牝なんだろう?認めたらどうだ?

違います!!違いますってば!!

そう必死で否定したのですが、言われれば言われるほど体は激しくそれに反応し、動悸が止まらず、心音が耳で聞こえそうなほど、ドキドキと脈打っていました。私はどうしようもなく、なすすべもなく、ただ二つの穴に埋め込まれた、また激しく動きだしたバイブの振動に、体をよじらせるほかありませんでした。

うぅ・・・・うぅぅぅ・・・・・・・。

再び猿轡をされた私を、また激しい痛覚が襲います。

う!!!!ううううう!!!!!!!

それはポタポタと、一つ一つ、しかし確実に私の体をさしていく感覚がしました。ろうそくです。

うぐ!!!!うぐぐぐ!!!!

背中には蝋燭、あそこからは快感、こうした状況の中で私は声にならない叫び声をあげるしか、なす術はありませんでした。

やれやれ、どうしようもない牝犬だな。アソコからこんなにいやらしい液をたらして・・・。

そう耳元でささやかれると、本当にどうしようもない感覚に襲われて、さらに心臓はドキドキとします。まるで、どこかで求めているように・・・。

こんなの、こんなの、何かの間違いだわ。痛いのだけは嫌だったはずなのに・・・・。でも、何?この感覚は・・・・。

そう心では思っているのに、体は逆らえず、さらに激しい快楽を求め続けているのでした。

うぐー!!!うぐぐーーー!!!!

こんなのが気持ちいいのか?マゾの牝犬さん?

私が首を必死で振ると、

じゃぁ、元に戻してやろうか?バイブのスイッチも止めて、、、

その問いにも、私は気づけば、必死で首を振っているのでした。

うぅ・・・・・

ようやくろうそく責めが終わると、その後、ほっとしたのもつかの間でした。そこを鞭でたたかれ、固まったろうそくはぱらぱらと落ちていきました。

(痛い・・・・痛い・・・・・こんなの、こんなの嫌だ。嫌だよぉ)

心はそう思っていながらも、私の心やアソコは、今までに感じ得なかった感覚を感じ始めているのでした。

うぅ!!!ひぃぃぃ!!!!

そのとき、

「あれ、なんだこれは?」

何かに気づかれたようでした。


応援してくださぃ♪
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。