FC2ブログ
ツーショットで秘密のお話
ツーショットでエッチな女の子が見つかるサイトの紹介♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エッチな体験
「ふぅ。」

今日もこの時間、日記のアップを完了させました。最近の私のちょっとした楽しみは、とあるサイトに妄想を書き込むことです。自分の妄想や願望などをつなぎ合わせて、話にしてみたら面白いかも、と思って始めたんだけど、意外にはまってしまい、普段は日記とかもあまり長続きしないのですが、いくつかの妄想を、何とかストーリー形式にして書き込んでいます。

「あぅ・・・」

そのアップを終えた私は、いつも、ちょっとした興奮状態で、ドキドキしています。いろいろなことを妄想するので、書き終わったときはちょっと、股間の辺りを濡らしてしまうのでした。ぞくぞくっとしたむずむず感に堪えられず、こんなとき、私は指をいつも股間に持っていってしまいます。私の部屋には大きな鏡があって、そこを見ると、いやらしい私の姿が見えます。

「はぅ・・・・あぅん・・・・」

気持ちよさに、思わず声を出してしまい、内からくる欲求はだんだん高まってきます。そのうち、指を震わせながら、私は、上のほうを向いて、指を一番恥ずかしいところに入れてしまいます。まだ昼間だというのに、いけないことをしているという感覚は、どれだけしてもとれないもので、そういう感覚がまた、私のいやらしい心を刺激してしまうのですけど。

この日記のように、虐められたら・・・

そんなことを考えていると、アソコはすぐにとろとろになって、椅子を濡らしてしまいます。感じるところに時折触れると体がびくっ!ってなります。椅子の上で、足を広げて、指を入れて、震えながら、悲鳴を上げて感じていると、

ガタンッ!!!

と、音を立てて、椅子から落ちそうになってしまいました。私はあまりにも夢中になっていたみたいです。恥ずかしくなったんですが、一度夢中になってしまうとやめられないもので、オルガスムに達するまで、何度も何度も腰を動かしてしまいました。と、その時、

「こんなところで何やっているんだい??」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。