FC2ブログ
ツーショットで秘密のお話
ツーショットでエッチな女の子が見つかるサイトの紹介♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メイド奴隷の体験6
私はそうして、またガッチリとした男の人に抱きかかえられて、階段を下りて行きました。メイドの人たちも階段を降りていき、連れて行かれたのは地下室でした。

そこには頑丈な檻があって、木馬とか、拘束具とか、実験器具みたいのもありました。私は、本で読んだことはあっても、実際に目にしたことはありませんでした。私は、あっけに取られていると、両手を引っ張られて、壁にあるX字型の大きな拘束具に手首を固定されて、足首を固定されました。そこに、また頭からローションをかけられました。かけられるとたちまち、みんなに触られました。

ぷはぁ・・・・もうダメ・・・・許してください。。。だめー!!!だめ!!!くすぐったい!!!

そう言っても何も効果がないどころか、手でくすぐっていたのが今度は平手で打たれたり、少し鞭で打たれたりしました。鞭で打たれるとすごく痛くて、こんなに痛いの?と思いました。次にわきの下とかをくすぐられたりされました。首から下はほとんどつるつるなので、どこを触られてもこそばゆく、くすぐったくて、声がかれるほど叫んでいました。

うわぁ・・・・こんなにぬれてるぅ・・・・。
まさに淫乱そのものね。
もう拘束する必要ないわね。

こそこそと、他のメイドさんのささやき声が聞こえました。ついに、アソコからリモコンバイブを外されました。そして、みんなに今までささっていたバイブを交互にみられると、こんなにぬれているのね。もうべちょべちょ、とかいろいろ言われて私はまたみんなに蔑まれました。そしてまた鞭で打たれたり、交互にそれぞれが持っている種類の違うバイブをさされたりしました。

あぁん!!!あぅぅん!!!!だめ、だめええ!!!!

泣き出しそうになって、またその後、鞭でバシッと叩かれると、もう頭がおかしくなりそうでした。どこかで痛いこともきもちいいって思っていたのかもしれません。叩かれて、バイブ入れられる、そういったのを交互でされると、なんだか頭がおかしくなりそうでした。。

あぁぁん!!!!だめっ・・・・だめっ・・・・あぁぁん!!!!ご主人様ぁ!!!!!!

ご主人様となにをしたの?え?色目を使って誘惑したの?いやらしい子ね!!!そんなに虐められたいの?うん?

私はなぜか、さっきのご主人様を呼んでいました。やさしく私の体を触ってくれたご主人様、、でも内緒といわれた、私はずっと、ご主人様とのことは一言も言いませんでした。縄を解かれた後、ぐったりして、息も絶え絶えになっていました。床にはいつくばって、上を見上げると、夢かまぼろしか、私を見下ろすご主人様の顔が見えました。

あぁ・・・・ごしゅじんさまぁ・・・・・

私は上目遣いでご主人様を見上げると、ご主人様は何も言わないで私の体を軽く持ち上げてくれました。そして、

「今までの一部始終は全部見ていたよ。本当に、いやらしい奴隷メイドだな。さぁ、あとは私が可愛がるから、君達は後ろに下がっていいよ。」

そして、私の顔を見ました。

「今までのは全て私の書いた筋書きだ。気に入ってくれたかな?君は体に跡ができるほど痛すぎたり、匂いが出るほど汚いのが嫌いだけど、見られたり、蔑まれたり、辱められるのがすきなんだろう?最初から判っていたよ。」

と私の目を見て聞きました。私は、急に目頭が熱くなって、コクリ、と頷いていました。ご主人様に首輪からリードをつながれ、まずは部屋を一周させられました。

「遅いな。もっときちんと歩くんだ。」
「あぁん・・・ご主人様・・・・あぅぅ・・・・・。ありがとうございますぅ・・・・・。」
「よし、そうだ、いい子だ。」

私は震えながらも一生懸命歩きました。震えながら、それでも足取りはきちんと、みんなに引っ張られて四つんばいで歩いている私をじろじろと見られました。でも、ご主人様にほめてもらえるのは嬉しかったです。後ろからはとめどなくいやらしい液が流れていました。

「ほら、ごほうびだ。咥えなさい。」
「ありがとうございます。。。ご主人様。。。」

ご主人様に頭を両手で固定されて、私は丁寧にちゅぱちゅぱ・・・と舐めました。周りの目は突き刺さるようでしたが、丁寧に舐めました。ついにはご主人様が

「うっ・・・・」

という声とともに絶頂に達し、あそこから出てくる液を口で受け止めると、今度は後ろから

「入れるぞ・・・・」

と、ずぷっと入れられました。みんなが見ている前にも関わらず、私はたくさんいやらしい声を上げて、気が狂いそうなほどの大声を出していました。

「あっ、あぁぁぁん!!!!だめ、だめ。。。。いっちゃう、いっちゃいますぅぅ!!!」

それは部屋中に響き渡り、蔑みの視線を浴びながら、私は何度も何度も絶頂を感じ、潮を何度も吹いて、震えながら、涙を流しながらこのままおかしくなってしまうほどでした。

「あぁぁん!!!!もっとぉ・・・・もっとぉぉぉぉ!!!!もっとおねがいしますぅぅ!!!」

いってしまった私は、びしょびしょの床の上に、放心状態で横たわっていました。そんな私の頭を、ご主人様はやさしく撫でてくれました。そして、軽く抱きしめてくれました。私はご主人様に可愛がって頂いて、本当にうれしかったです。でも、ご主人様は一切表情を変えず、部屋に戻って行きました。

心配したメイド長が、私の顔を覗き込みました。私は、朦朧とした中で、天井を見ながら、こう呟いたそうです。

私、ここでずっと、、、ずっと働きたいです・・・もちろん、最下層のメイドとして。。。。

こうして、私の、永遠に続く快楽責めの日々が始まったのです。

応援してくださぃ♪
FC2 Blog Ranking
メイド奴隷の体験5
部屋に帰ったときはもう、夜中でした。私は、ご主人様に

「それは外さないんでおくんだ、いいね。君はかわいい奴隷メイドだね、気に入ったから、また、つれていってあげるからね。」

そう最後に言われると、顔が真っ赤になりました。もう全ての照明が落とされ、老執事さんの案内で私は、そのままの格好で、みんなが寝静まっている寝室に行きました。コートはぱさっと取られたので、裸についている鈴を鳴らないようにしながら、そーっと歩きましたが、どうしてもちりんちりん、と鳴りました。

「メイド長さまにばれると、問題ですので、今日はこのままお休みください」

私は頷いて、そーっと檻の中に入りました。檻の中には枕がありましたが、布団はありませんでした。でも白いベビードール姿で寝静まっている、年下の女の子達を起こすわけにもいかないと思い、私は、床の上に寝ました。固い床ってなかなか眠れなくて、落ち着きませんでした。でも、寝返りを打つと、鈴が鳴るので、なるべくじっとしていました。

うとうととしてきた頃。。。。

ぱちっ!!!

と、まぶしいくらいの全ての照明がつけられました。私は寝ぼけ眼で周りを見ると、そこには、ご主人様と別荘に行く前に散々いじめられた、白いベビードール姿のメイドさんと、執事さんたちが私を囲んで立っていました。

さぁ、立つのよ!

「あぅぅ・・・ごめんなさい・・・・違うんです!違うんです!!」

私はぐったりとして、ふらふらと立ち上がりました。

「奴隷メイドの身分も忘れ、半人前の分際で、ご主人様に色目を使うとは何事なの?お仕置きしかないわね!!」

「でも・・・・でも・・・・・」

「でもじゃないわ!!!奴隷メイドにはお仕置きよ!!」

そう言われると、私は頭からローションをみんなにかけられました。

頭からぬるぬるになってしまって、さらに鈴をちりんちりんと鳴らして、なぜかリモコンのスイッチも奪われて、みんなに交互にスイッチを押されたり止められたりしました。もう頭は真っ白でした。その中でもぷるぷるとしながらもずっと立っているのが、恥ずかしすぎました。

「やめてください・・・・やめて・・・・」

私はさめざめと泣いていました。もう体はびしょびしょで何が涙か何が汗かわからないほどになっていました。

「ダメよ!絶対に許さないんだから!」
「さかりのついた牝犬みたいね」
「でも、こんなことされて嬉しいんでしょう?虐めて欲しいんでしょう?」

でも、こうして、周りにいじめられているにもかかわらず、なぜか心の中では、さらに触られるのを想像しているのです。口ではあぅぅぅ・・・・とうなりながら。いじめられたりするのなんて、好きだ思ったことないはずなのに、体はもっといじめて、もっと恥ずかしいところ見て、といっているように、くねったり、ひくひくしたりしていました。

そして、今度は無数の手が、私の体を触ってきます。それは触っている手もあったし、くすぐっている手も、軽く引っかいている手も、床に落ちたローションを掬ってつけられている手もありました。いろいろな場所にローションをつけられて、私は全員に、粘土細工のようにしつこく、こね回されていました。

あぁぁん・・・・・だめぇ・・・・・もっと。。。。。もっとぉ・・・・・・もっと。。。。あぅぅぅん。。。!!!

私はよだれをたらして、興奮していました。気持ちいい・・・・もっと、もっと、してください、、、、そんなことを自分が言うのを、体の奥底から聞こえてきました。一番恥ずかしい部分に指を入れられたり、差し出された指を咥えたり、乳首を弄られたり、私は気づけば、快楽に身をゆだねるだけの牝に成り下がっていました。

あぁぁ・・・・・うぅ・・・・・・だめっ・・・・・・気持ちいい・・・・。

そして、私はまた、みんなにお尻を叩かれました。

「まだまだお仕置きはこれからよっ!!」

いくつもの、欲望に満ちた目が、私を見ています。私は、周りを見て、唇を震わせながら、

「も、もう許して。。。」

そういうのがやっとでした。。

応援してくださぃ♪
FC2 Blog Ranking
メイド奴隷の体験4
さらに山奥の別荘に到着すると、もう一台車が止まっていました。

「そそうのないようにな」

ご主人様が触られるのを急にやめたので私は恨めしそうな目をして、口をとがらせました。あぁ・・・・また途中でやめるなんて・・・・下着はつけていなかったので、車のシートはびしょびしょでした。

「ご主人様・・・ありがとうございます」

「おい、例のものつけておけ。」

老執事さんが、カバンからなにやらピンクの貝殻のようなものを取り出しました。そして、スカートをめくって、その場で装着されました。それは正面から見ると貝殻みたいでしたが、恥ずかしいところに密着していて、後にはベルトがついていて、固定されている、そんな感じのものでした。

リビングに通されると、さすがに先ほどの洋館よりは狭いですけど、ヨーロッパ風の小さな洋館でした。ご主人様と同じ年代の3人の男の人がそこにいました。私はそこに通され、

「今日は、メイドを一人連れてきた。」

と言われて、紹介されました。私はぺこり、と頭を下げました。首の鈴がちりちりと鳴ります。すると、急に股間のあたりがむずむずと振動が来るんです。

「あぅ・・・よろしく・・・・おねがいします。。。はぅん。。」

何人かが怪訝な顔をしましたが、すぐに何であるかはわかったようで、そのあと微笑みながら私を見ていました。私は恥ずかしくなって、顔を背けましたが、容赦なく振動のむずむずは襲ってくるんです。震えながらぴくぴくしていました。

「へえ、新しいメイドですか。ほう。」

「しかも、これでものすごいマゾというから、今日はいろいろ遊んでみるといいですよ。」

そう言うと、集まっていた3人は私の体に触れてきました。スカートをめくられて太ももをさすられたり、腰から胸にかけて私は最初は嫌がっていたのですが、嫌がるそぶりを見せると、さらに股間のむずむずがすごいことになっていて、暖かい部屋だったので、汗をかいてきました。気づけば太ももまでまたぬれてきました。いつだって濡らしてしまうなんて、私ってやっぱり淫乱で変態なマゾなのかな、、と思いました。

「じゃぁ、脱いでみましょうか、、」

私は服を脱がされて、裸になってしまいました。せっかく清楚な感じの、憧れのメイド服だったのに、もう、メイド服はしみだらけになってしまいました。

「こんなにして、、、お仕置きですね。」

私はそう言われて、涙がでるどころか、心のどこかではドキドキしていました。股間のピンクの貝殻のようなものをじろじろ見られて、

「こんなものつけてたんですか?本当にマゾヒストなんですね。私からもプレゼントを差し上げましょう。」


そう言われると、ぐっと貝殻のリモコンバイブを押し付けられ、振動も最大にさせられました。そして、あごで指示された執事さんが奥から木の箱を取り出してきました。箱をぐっと開けると、そこには鈴付きのピアスが入っていました。それはクリップのようなもので、穴を開けて通すものではなかったのですが、震える手で一つ一つピアスをつけられました。ピアスは、先端が丸くなっていて、決して傷のつくものではなかったのですが、それでもきつく締め付けられ、乳首は少し押されるような感じがしました。

「あぅ・・・・こ、こんなの・・・・・嫌です」

涙ぐんで嫌だといったのですが、お尻をバシーン!!と叩かれて、

「でも、興奮しているじゃありませんか?口答えは許しませんよ?」

と言われて、あっという間に鈴をつけられてしまいました。歩くたびにちりんちりんとなったり、リモコンバイブが動くたびに小刻みに首輪の鈴と同時に鳴るので、私が感じているのがまるわかりなので、殊更に恥ずかしかったです。その後、私は給仕として、ご主人様の食事を手伝いましたが、上品で静かなディナーの場に無表情の別荘の使用人さんに混じって裸の、乳首に鈴をつけたほとんど裸の私がいるという絵はとても恥ずかしく、惨めでした。でも、そういった状況にあったにもかかわらず、私は股間の動くリモコンバイブと、震える度に鳴る鈴の音と、周囲に見られている羞恥心で、私は、Hをしているわけでもないのに、体をひくつかせて、へたり込んで、

「あぁぁん・・・もうだめ、だめですぅ・・・・・」

と、その場で絶頂を感じてしまいました。私は、ついに気を失ってしまったようで、気づけば、コートを羽織らされ、帰りの車の中にいました。

朝からいやらしい妄想してすみません><;

応援してくださぃ♪
FC2 Blog Ranking
メイド奴隷の体験3
私は、首輪にリードを引かれ、まずは建物中を歩かされました。みんなに連れて行かれるのはそれだけで、恥ずかしすぎました。つい一時間くらい前は普通の人のようにしていたのに、もう、こんな姿になるなんて、恥ずかしくて涙が出そうでした。



「ちょっと遅いわね。四つんばいで歩いたほうがいいかしら?」



メイド長にそう言われると、私は素直に四つんばいになりました。首輪には鈴がついていて、四つんばいで這うたびにちりんちりんと鳴ります。ちりちりさせながら部屋を歩いたり、説明を受けたりするのですが、その間、他のメイドさんたちが面白がってお尻をさわったり、敏感なところを指でつついたりするのです。すっかり記憶が飛んでしまい、この状況にドキドキしすぎていて、まったく、何を言われても頭に入りませんでした。あっという間に忘れてしまうのです。



「じゃぁ、ここは何をする為の部屋?」



不意にメイド長から質問されました。私は答えることも出来ずに、ずっと黙っていたら、全員から平手でお尻をぴしっ、と叩かれました。



「育ちの悪いメイドね。これから教育しなくちゃだわ!!」

「物覚えがわるいのね」

「どんくさいわね」



私はうぅ・・・とうなりながら悔しくて唇を噛んでいました。



「じゃぁこっちね!!」



そう言われてまた移動していきました。今度は檻のある部屋がありました。ベッドが四つあって、端っこが檻なのです。メイド長はそれを指差してこういいました。そして、



「ここがあなたの寝室なので。よろしくね。あとで寝るとき用の服を渡しますね。」



触られながら、私は返事をしました。



「はい・・・・。あぅぅん・・・・」



私は全てにおいて最下層だと言うことを、嫌と言うほど思い知らされました。



「それじゃ、ご主人様の部屋に行きますから、心の準備をね。」



私はまだ見たことのないご主人様をようやく見ることになりました。老資産家と書いてあったのでよぼよぼのおじいちゃんかと思っていたのですが・・・・。重い扉をギィーッ、とあけると少しビックリしました。



確かに歳は少し取っているようには見えたのですが、白髪交じりの髪に、上品そうな、メガネをかけた、紳士っぽい人でした。



「君が、新しいメイドかね。ふむ・・・・」



そう言うと私のことに書いてある紙に目を通しました。なるほどね・・・・。と、紅茶を飲みながら、私のほうはほとんど見ずに書類に目を通しています。



私はご主人様と二人で部屋に残されました。ご主人様は、くすっ、と笑って、



「そこの椅子に座ってオナニーするように・・・・。」



と命令しました。私は、今までじらされていた性欲が一気に出て、下着の中に指を入れて、



あぁん。。。。はぁぁぁん!!!



と大声で感じ始めました。しかし、ご主人様は全く表情を変えずに、一人でしている私をメガネの奥から見ているだけなのでした。そして、絶頂に達しそうになったとき、



「やめなさい。」



と言うのです、私はもうふらふらでした。でも、ご主人様は、



「今日はちょっとしたディナーが別荘であるので、君は給仕として来たまえ。もちろん他のメイドには内緒でな。」

先ほどの老執事さんがメイド服を持ってきました。今度は清楚な感じのロングのメイド服でした。首輪以外はそれに着替えるよう・・・と命令されたので、それをそそくさと身に着けて、緑のベルベットのコートを羽織り、私は裏口から、老執事さんに連れられて、老執事さんの運転する車に乗り込みました。後部座席でご主人様と二人に座ると、服の上からたくさん触られました。ご主人様の触っているか触っていないか、そんな微妙な指の動きは、なんだか私をドキドキさせました。いつしか、私は大きな声を上げて、自分から体をくねらせて、必死に触られることを求めていました。


あぅ・・・もっと・・・・。気持ちいいです・・・ご主人様・・・・。

応援してくださぃ♪
FC2 Blog Ranking
メイド奴隷の体験2
私はいきなりそう言われて、とりあえず否定しました。

「い、いえ・・・。」

老執事は、急に顔を曇らせました。

「そうなんですか?それなら帰っても結構ですよ。でも適性結果を見る限り、強いマゾヒスト性が出ているのですが?」

私はそう言われると、やはり高鳴る胸の鼓動を抑えきれず、唇を震わせてこう答えました。不意にそんなことを言われるのが初めてだったので、

「・・・・・はい、そうです・・・・でも、でもどうして、わかったんですか・・・・?」

「さぁ、今から服を脱いでください。」

「で、でも・・・・」

もじもじしていると、老執事はいきなりはっきりとした声で

「服を脱ぎなさいっ!!!」

と大きな声で言うので私はびくっとして、あまりのギャップに体が震え上がって泣きそうになりました。私は震えながら服を脱いでいくと、脱いでいる間に奥からいろいろな人が出てきました。さっきの入り口にいた若い男の人、あと、がっちりした男の人2人、ミニのメイド服に身を包んだ年下の子が3人、ロングのメイド服の年上のお姉さんが4人、後はメイドで一番えらいっぽい、メガネのメイド長がいました。目をうかがいながら脱いでいくと、あっという間に下着だけになりました。

「下着も脱ぎなさいよ。マゾの新入りさん?」

私はそういわれるとまたどうしようもない気分になって、ドキドキしてきました。メガネの年上のメイドさんがそういうので私は下着も脱ぎました。恥ずかしいところだけは手の甲で隠しておきましたが、下着はミニの年下のメイドさんの子に取られて、恥ずかしい部分を見られて、うわぁ~、すごいびしょびしょ・・・・。とか言われたのでまた恥ずかしくて泣きそうでした。

彼女達は料理担当で、もう4年以上働いているの。あの子達はお掃除担当ね。。といったように、担当が別れていました。私は、説明を受けながら、それを裸で見ていました。その後、二人のガッチリした男の人に、両足を持ち上げられて、恥ずかしいところをみんなに見せられました。

「み、みないでください・・・・。」

でもその言葉とは裏腹に、股間は少し湿ってきてしまいました。顔から火が出そうなほど恥ずかしかったんですけど、なぜかドキドキがとまりませんでした。じーっと見られて、私はまた、顔が赤くなって、見ないで、見ないでと震えながら言っていました。

「あなたは採用よ。これから頑張りましょうね。」

そう言われて、私は裸のまま、椅子に座りました。老執事がこれからの仕事について説明してくれました。

「適性試験の結果、あなたは、これから、身分が一番下の『奴隷メイド』として頑張ってもらいます。仕事はみなさんに聞くように。中には年下の子もおりますが、仕事ではあなたよりも先輩なので言うことはなんでもお聞きください。あなたは、ご主人様の奴隷であると同時に、皆さんの奴隷でもあるのですからね。」

小さい子達が、「うわー、ペットちゃんなんて久しぶり~」なんて言うんです。私は、少し怖くなりました。その後、メイド長が運んできた衣装セットは小さい子達が着ているものでも、年上のメイドさんの着ているものでもありませんでした。

襟だけのチョーカー、黒の首輪、限りなく露出度の高い短いベアトップ、お尻が丸見えのとても短い、ひらひらのついたスカート、そして犬耳のついたカチューシャです。早く着替えるように、と言われて、私は震えながら犬耳をつけて、スカートをはきました。スカートをはくと、紐のようなものがひらひらと落ちてきました。

それは下着ね。

紐だと思っていたら、紐のように細くて小さい下着だったのです。いそいそと両脇の紐を結び始めました。不意に後ろから

びしぃぃっ!!

と背中に激痛が走りました。ひぃぃっ!!痛い、と叫んだら。

早く着なさいよ!しつけ悪いわねえ!!

メイド長に鞭で何度か叩かれました。私の奴隷メイドとしての日々は、こうして始まったのです。

応援してくださぃ♪
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。